毎日の習慣を見直すだけで虫歯が減る

虫歯予防に効果的な方法とは

汚れを口内に溜め込まない

これまでの生活を見直す

常に何かを食べながら、作業をしていた人がいるのではないでしょうか。
すると、口内環境を清潔に維持できません。
その生活習慣が、虫歯を引き起こしていたと考えられます。
今後は虫歯にならないよう、間食が終わったら歯を綺麗に磨いてください。
歯磨きの手間を減らせるように、間食を1日1回と決めましょう。

特に午後3時は血糖値が上がりにくく、間食をしても太りにくい時間帯です。
仕事の休憩にもなるので、間食が絶対にダメだというわけではありません。
回数や時間を決めて、その後に歯を磨けば大丈夫です。
また歯を磨いたら、糖分が含まれるジュースやお茶、コーヒーを飲むことも控えてください。
それらを摂取すると、歯を磨いた意味がなくなります。

たくさん噛むメリット

食事や間食の際は、たくさん噛むことを習慣にしてください。
顎を動かして噛めば噛むほど、唾液が分泌されます。
そして唾液の量が多いと口内を殺菌できるので、虫歯菌がずっと居座り続けることはありません。
唾液は、虫歯にならないために必要な存在だと覚えておきましょう。

さらに唾液の分泌には、ストレスが関係しています。
たくさん噛む習慣にしてもなかなか唾液の分泌量が増えない時は、ストレスを抱えていることが原因かもしれません。
まずはストレスの原因を考えて、なるべく抱え込まないように工夫しましょう。
適度に身体を動かしたり、睡眠をしっかり確保したりすることがストレス解消に効果的です。
そのために、生活習慣を見直してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る