毎日の習慣を見直すだけで虫歯が減る

虫歯予防に効果的な方法とは

口内環境を良くするために

口のサイズに合わせよう

前歯は、比較的に磨きやすいと思います。
ですから虫歯になるリスクは低いですが、問題は奥歯です。
奥歯まで歯ブラシが行き届かないと汚れを除去できず、そのまま虫歯を発症する人が増えています。
ですから、奥歯まで届くような歯ブラシを使ってください。
ポイントは、ヘッドのサイズです。
ヘッドが口に対して大きすぎる歯ブラシだと、奥まで届かせたり、口内で動かしたりするのが難しくなります。

その場合は、ヘッドが小さく作られている歯ブラシを選択しましょう。
よく見るとそれぞれの歯ブラシで、ヘッドのサイズが異なります。
またグリップの細さも変わるので、握りやすいことを条件に選びましょう。
見た目では判断できないので、実際に試すのが良い方法です。

歯や歯茎を傷つけないように

毛先の固さもチェックしてから、歯ブラシを購入しましょう。
毛先が固い歯ブラシだと、歯や歯茎を傷つける恐れがあります。
すると虫歯や歯周病を発症したり、悪化させたりするリスクがあるので使わないでください。
パッケージに、柔らかめと記載されている歯ブラシがおすすめです。
また歯ブラシは、1か月に1回ぐらいのペースで交換しましょう。

何か月も同じ歯ブラシを使っていると、次第に汚れが溜まってしまいます。
衛生状態が悪い歯ブラシを使うことで、口内に汚れや細菌が移動し、虫歯に繋がります。
見た目が綺麗でも、使ってから1か月を経過したらすみやかに交換しましょう。
また1か月以内でも、毛先が広がっていた場合は交換した方が良いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る